ブログってやる意味あるの?

SEO業者やホームページ業者に「ブログをやった方が良いですよ」と勧められた
というような相談をよくお伺いします。

なかにはブログをやるのでどういうモノを作れば良いのかという相談も受けることが多いのですが…

はっきり言います!

ブログのSEO効果はほとんどありません。

 

アメブロやライブドアといったブログサイトを作ってそこからリンクを貼っても
SEO対策の効果としてはほぼないに等しいです。

といいますのは、検索エンジンが評価するリンクというのはまず大前提として
1、自作自演ではない自然なリンク
2、リンクをするサイト自体に価値があること

です。

ところが、SEO目的のブログはこの二つの条件を満たしていません。
まず、新規に開設したブログですと、当然のことながらそのブログの価値はゼロに等しく、価値を上げるのであればブログ自体にSEO対策を行わなければなりません。
加えて、ブログからのリンクは自作自演ですので、その時点で評価に値しません。

よって、ブログを開設してそこからリンクを貼るという方法はSEOにおいて何らプラスに働くことはありません。

ではなぜブログをやれというのか?

一つ考えられるのは、以前はこの方法は広く一般的に取られていたので、そのときの名残もしくは古い情報を信じたままになっているということでしょう。
業者さんの中には、未だにリンクさえ貼れば上がってくると信じている方もいらっしゃいますが(残念なことに)、

今日の検索エンジンはそういったサイトをむしろマイナスに評価し、場合によってはペナルティとなり検索エンジンに全く表示されない事態も起こり得ます。
なので、そういう事を進めてくる業者さんには余り頼らない方が良いと思います。

ブログからの流入が期待できる場合もある。

ホームページ業者やSEO業者がブログをやれという理由の一つに、アメブロやライブドアブログといったブログサイトの集客効果に期待している場合もございます。

ブログサイトはそれ自体がかなりSEOに強いので、そこでブログを開くと確かにある程度のアクセスを稼ぐことが出来ます。
なので、ブログを開設すること自体は決して無駄ではないのですが(SEOとはまた別ですが)
注意しなければいけないのはブログの購読層とホームページの顧客層があっているかどうか。またブログのコンテンツが顧客にきちんと魅力を伝える内容になっているかどうかということです。

たとえば、スマホアプリの開発を行っている会社ですとブログで開発日誌を書いても、なかなかそれが顧客獲得につながりません。
ブログを読んでいる層はもちろんジャンルによって異なりますが、主婦や自営業者など比較的時間に余裕がある方々が多いです。

スマホアプリの開発など企業を相手とする場合、開発を依頼する企業が購読している可能性はほとんどないでしょう。
こういった場合ブログでの広報はほとんど意味を成しません。

それが、飲食店の場合はどうでしょう。
こちらは、主婦や自営業者、あるいは週末や休憩時間にサラリーマンがおいしいレストランを探そうとグルメブログを読む可能性は大いにあります。
こういった場合はブログでの広報はある程度有効と言えます。

ブログをやるぐらいなら、サイトのコンテンツをしっかりと!

ホームページ運営にはやることが沢山有ります。企業や個人商店様にはいくらでも時間があるわけではありません。
ですので無駄なところに労力を割いている余裕はありません。

外部のブログは全く無駄だとは言いませんが、やるのならきちんと効果のある方法でしなければなりません。
有効な場合もありますが、業種やジャンルは限られてきます。

何より優先すべきはサイトのコンテンツ作りです。

検索エンジンから良いサイトだと評価をされて、上位に表示させるにはまずホームページの価値を高めなければなりません。
そのためには、ホームページの方にこそ手を掛けるべきで、ブログはあくまでも二の次と考えるべきです。

まずはホームページ作りをしっかりとやっていく!
それが基本です。

サイト内(同じドメイン)のブログであればSEO効果はあり!

外部ブログではなく、ワードプレスなどを用いて同じドメイン内にブログを設置する場合はサイト内のコンテンツの一部と見なされるので
SEOには有効です。

ただし、運用方法に気をつけなければ行けません。

サイトのテーマに即したブログを作る。

検索エンジンから評価されるには、沢山ページが有った方が良いという常識があります。
基本的には正解なのですが、闇雲にページを増やせば良いというわけではありません。

あくまでもサイトのテーマに即した価値のあるページを増やしていく必要があります。

 

POINT!ブログよりもまずは既存のサイト運営をしっかりと!ブログはその後です!