SEO対策の

SEOの基本

キーワードの設定ができたなら、それをタイトルに反映させます。そうすることでそのページのキーワードが明確になります。

自社制作やSEO、ネット集客に疎い業者が制作したページのなかにはキーワードがタイトルに反映されていないというケースが見受けられます。

その場合、検索エンジンはタイトルからキーワードを読み取ることができないので、それがターゲットキーワードであると認識しません。

ターゲットキーワードが反映されていないタイトルの例

1)ホームページのタイトルが社名だけ

ご自身で作られたページやホームページ運営初心者に見られな傾向ですが、タイトルが社名だけ、もしくは社名と会社のPR分だけになっているパターンが
多く見受けられます。

NG) 株式会社○○ ホーム→ ×

会社名やサービス名を入れたい気持ちはわかりますが、有名な会社ならともかく会社名で検索してくるユーザは少ないケースが多いです。
検索エンジンからの流入を期待するのであれば避けたよいでしょう。
※社名にサービス名が入っている場合はOK 例)株式会社 ホームページ集客.club など

2)タイトルが長すぎる

ホームページのタイトルがとても長くなっている場合、上位に表示されにくい傾向があります。
SEO対策という言葉を知っていて、自社で運営をしているお客様によく見られるケースです。

誤) SEO対策 ホームページ制作の○○ お見積もり無料、低価格で御社のウェブ集客、ホームページ制作を致します。大阪・奈良・京都・兵庫・和歌山・全国対応!→×

これだけ長いと、検索エンジンはどれが大切なワードか判定に困ってしまいます。そのため、上位表示に不利になる傾向があります。
また、ページを訪れたユーザーもタイトルを読んでくれないので、印象に残りにくくなります。
正) SEO対策の○○ お見積もり無料

3)余計なワードが入っている

誤) 新発売! 消えない鉛筆
誤) 業界初! ページ数無制限ホームページ制作

“新発売!” ”業界初!” というような装飾ワードは紙媒体の広告であれば目を引きますが、ホームページのタイトルだとただの文字列でしかなく
目新しさもありません。また、当然ながらサーチエンジンで検索されるワードでもないので、SEO対策上避けたほうがよいタイトルです、

 アピールポイントを完結に入れましょう

強みとなる、勝負所の一言、二言いれると良いです。

例) 起業に強いウェブ制作 20起業.com
例) 出張マッサージ 大阪 土日もOK

 

Point!
ホームページのタイトルには必ずキーワードを含め短く簡潔にまとめましょう!