WordPress? HTML?

 

昨今、ウェブ制作の業界ではワードプレスというののがもてはやされています。
ワードプレスが何なのかといいますとPHPという言語で作成されているウェブプログラムです。

元々はブログのシステムだったのです、更新しやすいなど非常に便利なので企業やウェブサービスなどの様々なところで活用されるようになりました。
一方で、従来のHTMLはプログラムをHTMLタグというものだけで作られたシンプルなものです。

設計がしやすいのと、軽量動作なので安いサーバーでも使用できるのがメリットですが
HTMLを使用して編集しなければいけないので、知識がないと更新が難しいというデメリットがあります。

htmltowp

HTMLとワードプレスどちらを使うべき?

ホームページを新規に制作もしくはリュニューアルをご検討の方は非常に気になるところかと思いますが、
結論としてSEO対策に有利なのはワードプレスだと言われています。

というのも、ワードプレスにはSEO対策のツールが沢山備わっており効率的に環境を整えられるからです。
また、昨今はサイトコンテンツの充実度が優先されるようになっております。

 

そのため、沢山の情報があるページの評価が高くなっていますので更新のしやすいワードプレスの方が
ホームページを充実させていく上で、有利に働くこと間違いありません。

SEO対策をするならワードプレスに変えるべき?

ワードプレスは確かにSEO対策に有利ですが、すでにコンテンツが整っているのであれば、わざわざ移行する必要はありません。
ホームページに重要なのはワードプレスかHTMLではなくその内容です。

 

内容が充実いていればHTMLでも全く問題なく、逆にいくらワードプレスにしたからと言っても、ページの内容がスカスカなら意味がありません。
まずはコンテンツの質を高めることを考えて頂きたいと思います。

そのうえで、今後の更新やウェブ運営を考えてワードプレスにした方が良さそうと判断できれば、導入されるほうが良いと思います。

 

POINT! 無理にワードプレスを導入する必要はありません。現在の状況と今後の運営方針から考えましょう